​TOKYO ACRYL

​三幸のアクリル板ブランドTOKYO ACRYLをご紹介します

TOKYO ACRYL_コーヒーフィルター封入アクリル板

珈琲フィルター

TOKYO ACRYL_テキスタイル2-3430.jpg

テキスタイル

TOKYO ACRYL_和紙2-3445.jpg

和紙

TOKYO ACRYL_フルーツポンチ2-3423.jpg

フルーツポンチ

TOKYO ACRYL_パーティクラッカー2-3425.jpg

​パーティクラッカー

TOKYO ACRYL_マーブル2-3436.jpg

マーブル

TOKYO ACRYL_廃液2-3427.jpg

廃色材

TOKYO ACRYL_オーロラ2-3438.jpg

オーロラ

TOKYO ACRYL_べっ甲2-3421.jpg

べっ甲

TOKYO ACRYL_コーヒーフィルター封入アクリル板

珈琲フィルター

珈琲を淹れた紙のフィルターをアクリル板に入れ込みました。そのままでは捨てられてしまうモノを香りと共にアクリルの中に閉じ込めました。

MIYUKIACRYL_SDGs_珈琲フィルター
TOKYO ACRYL_コーヒーフィルター封入アクリル板_拡大
TOKYO ACRYL_珈琲豆封入アクリル板

珈琲

珈琲を淹れた後の豆をアクリル板に入れ込みました。そのままでは捨てられてしまうモノを香りと共にアクリルの中に閉じ込めました。

TOKYO ACRYL_珈琲豆封入アクリル板_キーホルダー加工例
TOKYO ACRYL_珈琲豆封入アクリル板
TOKYO ACRYL_フルーツポンチ(端材アクリル粉砕チップ封入)

フルーツポンチ

工場で発生するアクリルの端材を砕いてアクリルに入れ込みました。カラフルな色合いから『フルーツポンチ』の愛称で親しまれてきました。こちらの製品はプラスチックスマートに登録されたアクリル板です。

TOKYO ACRYL_端材アクリルの粉砕チップ
東京お土産プロジェクト「Tokyo Tokyo」アップサイクルパスケース
TOKYO ACRYL_廃色材(顔料や染料)を使ったアクリル板

廃色材

​捨てられてしまう色材(顔料、染料)を使って製作したアクリル板です。

職人が都度色材を合わせて作るので一枚一枚色と模様が変わるので同じアクリル板は存在しません。​

TOKYOACRYL_捨てられてしまう色材
MIYUKI ACRYL_廃色材を使用したディスプレイ
TOKYO ACRYL_テキスタイル(レース封入)アクリル板

テキスタイル

透明なアクリルに布やレースを入れました。

アクリル板にする事で看板やキーホルダーなどの加工に向いた材料となります。

挟みこみではなく、一体化をしているため、レーザーカットなどの加工も可能です。

TOKYO ACRYL_テキスタイル(レース封入)アクリル板_製作例:バレッタ
TOKYO ACRYL_テキスタイル(レース封入)アクリル板_製作例:アクセサリーパーツ
TOKYO ACRYL_パーティクラッカー封入アクリル板

パーティクラッカー

パーティーで使用されるパーティクラッカーをアクリル板に入れ込みました。誰かと過ごした楽しい時間を一緒に思い浮かべられるようなアクリル板です。

TOKYO ACRYL_パーティクラッカー封入アクリル板_製作例:コースター
TOKYO ACRYL_パーティクラッカーでウェルカム
TOKYO ACRYL_オーロラ(シルバー)

オーロラ(シルバー)

光に反射するホログラムの布を封入しました。太陽光やライトに当たると虹色に輝くアクリル板です。透明感のある不思議なアクリル板です。

​ゴールドもございます。

TOKYO ACRYL_オーロラ(シルバー)_透け感のある素材です
TOKYO ACRYL_オーロラ(シルバー)_製作例:モーテルキー
TOKYO ACRYL_和紙封入アクリル(阿波和紙・落水・黒)

和紙

徳島県の伝統工芸品である『阿波和紙』をアクリル板に入れ込みました。こちらの製品は昔ながらの技法『落水』という技法を用いて作られた和紙を使用したおります。

​こちらの他にも各地の伝統和紙を使ったアクリル板を製作しております。

TOKYO ACRYL_封入前の和紙
TOKYO ACRYL_封入前の和紙
TOKYO ACRYL_マーブル2-3436.jpg

マーブル

職人が一つ一つマーブル模様を描いて制作をしております。アクリル板の中に奥行きのある模様をお楽しみいただけます。定番カラーもございます。

TOKYOACRYL-3649.jpg
TokyoAcryl_-1830.png
TOKYO ACRYL_べっ甲2-3421.jpg

べっ甲

1970年頃より製作している定番のべっ甲柄です。ワシントン条約が施行され、野生動物の種の保存に取り組む中で魅力的な亀の甲羅模様をアクリルに描きました。悠々とした時間を感じられるべっ甲柄です。

TOKYO ACRLYL_003B5_黄べっ甲-2063_edited.jpg
MiyukiAcryl_Carabinerべっ甲.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 ミユキアクリル>材料>TOKYO ACRYL