(有)三幸は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

有限会社三幸のオリジナルアクリルブランドTOKYO ACRYLSDGsシリーズは国連サミットで採択された持続可能な開発目標SDGs(※1)への取り組みとして17の開発目標の中から特に『目標9:産業と技術革新の基盤を作ろう』と『目標12:つくる責任つかう責任』へ特化したアクリル板を製作しております。

(有)三幸の取り組むべき課題

SDGs

国連の掲げる「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略称。あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処しながら、誰一人取り残されないようにするため、世界全体で取り組む指標。2030年までに達成するべき17の持続可能な開発目標と169の関連づけられたターゲットで構成されています。

SDGsへの取り組み事例

廃棄される素材(アクリル端材、顔料・染料等)を新たな価値を付加したアクリル板へ

廃棄される素材

アクリル

新たな価値を生み出すアップサイクル

※アップサイクル:不要な物をより良い材料または製品に変換する事

フルーツポンチ(粉砕チップ封入)

アクリルの端材を粉砕

アクリルに封入で新たな価値を持つアクリル板に

製品事例・モーテルキー

コーヒー豆

​使用済みのコーヒー豆とフィルター

それぞれを封入してアクリル板に

製品事例・コーヒーカップキーホルダー

廃液

​アクリル板製作時に使用した顔料の廃液

色をかけ合わせて1枚のアクリル板に

製品事例・バンスクリップ

 

プラスチック・スマートへの賛同

SDGsシリーズの中でも代表的な製品である『フルーツポンチ』は環境省のプラスチック・スマートへの取組事例としてご登録いただいております。

プラスチックスマート/アクリルアップサイクル

http://plastics-smart.env.go.jp/case?_token=JlBzC2JUTto8hE9mq622eXR4beulMwnciU6v0Npo&case=1396

教育

ワークショップの開催や、教育機関と連携して企業や学生を対象にした工場見学を実施。ものづくりやアップサイクルについての講義を行っております。

資料ダウンロード

 ミユキアクリル>有限会社三幸は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

NEWS

感染対策アイテム

フェイスシールドアクリルパーテーションのストア販売が始まりました。

Online store

感染対策アイテム

フェイスシールドアクリルパーテーションの最新情報はこちらです。

Webリニューアル

Webページをリニューアルしました。

Tokyo Acrylのwebサイトをオープンしました。

Miyuki Acryl-Logo_m_Black.png