会社概要

アクリルパーツの加工専門工場

オリジナルのアクリル板の〈TOKYO ACRYL〉ブランドを立ち上げる、これまでに7,100種類以上のデザインを展開。

また、アクリルの再資源化にも積極的に取り組んでおります。詳細はこちらをご覧ください

取り組み事例:SDGsシリーズのアクリル板の製作、Refine Acrylicの販売、RPF(廃棄物固形燃料化)、プラスチック新法及びプラスチックスマート(環境省)への参加。

 

​​

会社名

有限会社三幸(ミユキ)

代表取締役

小沢 頼寿

所在地

〒120-0003 

東京都足立区東和5-12-24 MAPを開く

電話番号

03-3629-0331

FAX番号

03-3605-9780

URL(有限会社三幸)

http://www.miyukiacryl.tokyo/

URL(Tokyo Acryl)

http://tokyoacryl.miyukiacryl.tokyo/

主要事業

​アクリルの加工

取引銀行

東京東信用金庫
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
八千代銀行

沿革

1970年

葛飾区亀有にて小野頼三が三幸彫刻所を設立

1984年

法人化にともない社名を有限会社三幸に変更

2007

足立区認定「あだちブランド」に認定される

2008年

オーストリー商務部デザインコンテスト優勝

2012年

LDFデザインコンテスト 審査員特別賞受賞

あだち新製品開発講座 最優秀賞受賞 最優秀プレゼン賞受賞

2013年

2014年

事務所移転

2015年

3代目社長就任

2018年

ヤフーロジックワークショップ

2020年

環境省推進「 プラスチック・スマート 」キャンペーンサイトにミユキの取り組みが登録される

経営理念

​世界中をカラフルにし人々を笑顔にする

​志

カラフルなアクリル世界一

代表者挨拶

色は世界共通で人々を繋ぐものと考えている。

人の情報収集の8割が視覚からで、色によって印象が決まるほど色の影響力は大きい。

その色の表現方法の一つに私たちはアクリル板を使い表現しています。

言葉を介さなくてもアクリル板の魅力が人々に通じていることに驚いております。

それだけカラフルなアクリル板は影響力があり、私たちが携われていることに誇りをもっております。

​世界をアクリルでカラフルにすること、それが私たちの目標です。

代表取締役 小沢 頼寿

有限会社三幸_社長_小沢 頼寿 

 ミユキアクリル>会社概要